Home > 新着情報 > 話の広場

話の広場

新婚の頃  元警視総監 池田 克彦

新婚の頃は本当にお金がなかった。出張の費用を一時立て替えるお金がなかった時もあったほどだ。唯一の娯楽は、土曜の夜に、妻と一緒に近くの名画座に行き、かつての名作映画をみることだった。ただ、これがその後の仕事に結構役たった。例えば、「シエーンという西武劇の古典がある。私以上の年代であれば、観ていないまでも名前くらいは知っている。

そこで、講習などでこんな話をする。「シエーンというのはアイルランド系の名前です。つまり、彼はアイルランド移民なんです。アイルランド移民は遅れてやってきた移民で、なかなかいい仕事には就けませんでした。だから、彼は流れものの牧童とガンマンをやっていたわけです。こういう前提がわかれば映画は一段と面白くなるでしょう。捜査情報でも公安情報でも、情報を額面通り受け取るだけでなく、その裏を読み取ることが大切です」

また、給料が安いわりに残業が多かった。一人でまっている妻も辛いだろう。そこで、夜遅く帰る時は、途中のコンビニでチョコレートやキャンデイをお土産として買っていた。200円か300円ぐらいのものだが、妻は大変喜んでくれた。そこで、私はプレゼント三原則を知った。①プレゼントは無条件にうれしい。②プレゼントに金額は関係ない。③プレゼントは実用的なものだと外れがない。

先日、結婚して遠方に住む娘が。父の日のプレゼントとして下着を2枚送ってきてくれた。とてもうれしかったが、そのとき気づいた。娘もプレゼント三原則を知っていることを。確かに、子供は親の背中を見て育つのかもしれない。(日本経済新聞/明日への話題2018.09.26)

|Posted 2018.10.8|